病院・クリニック様向けホームページ作成 - 院長先生の悩みを解決します!集患から担当医の更新までお任せ下さい -

どのようにホームページで見せたら良いのか分からない

ホームページを作るということでしたら、ホームページづくりのことから離れて、
「自分たちの病院がどんな患者様に、どのように役立ちたいのか」
を考えることが先決です。

私たちは400社以上のお客様の事業分析、コンサルティングを通じて、
ホームページをつくること以上にお客様の業務を把握してお客様の求めるターゲットに訴求するため、
お客様とともに知恵を絞ることの大事さを感じており、むしろそちらの方が重要だという確信は強くなっております。

まずは1から貴院のことをお聞かせください。
貴院ならではの戦略と、それに基づいたホームページを作成していきたいと私たちは考えています。

ホームページ作成の流れ

知識も時間もない!ので更新がままならない

費用を抑えて、無理せず更新
最新情報更新ツール
担当医スケジュール更新ツール
ページ上部へ

集患手段としてホームページを使いたい

SEO対策、リスティング広告、アフィリエイト、インタレストマッチ、リターゲティング広告、ポータルサイトへの登録、等アクセス数を増やす手段は様々あり、ホームページ作成業者も「ホームページ作成にSEO対策が込み」「自社ポータルへの登録ができる」等をうたっているケースもありますので、何が良いのか悪いのかわからなくなっているのが実情ではないでしょうか?

私たちは以下のように3つのケースに分けて考え提案をしています。

「××市 外科」等のキーワードでヒットすれば良く、例外を除くと特別なSEO対策をしなくても検索に引っかかりますし、その他の広告手段も必要ありません。ただし、ホームページが標準に準拠したHTMLでつくられていることが前提です。

「××市 外科」等以外にも一般的な治療名を検索したユーザの集客が必要になってきます(「不妊治療」「粒子線治療」「インプラント」等)。 リスティング広告が最も効率的な手段ですが、費用に余裕があればSEO対策を行っても良いです。ただし、こういったケースでは「他院と競合になるケース」が殆どなので、ホームページのコンテンツ充実や情報発信頻度での差別化が重要になります。

リスティング広告、SEO対策、アフィリエイト広告、インタレストマッチはもちろん、一度来訪したユーザへの継続的アプローチとしてリターゲティング広告、サテライトサイトの構築、LPO対策、継続的なキャンペーン施策等の多くの手段を組み合わせる必要が出てきます。また、立ち上げ前に業界内でのポジショニングや差別化に関する議論を重ね、ホームページにおけるブランド戦略も考えなければなりません。

ホームページ作成プラン例

小規模の病院・クリニック向けプラン
中規模の病院向けプラン
大規模の病院向けプラン
ページ上部へ

ホームページ作成事例

山田記念病院様ホームページ作成事例
旗の台脳神経外科病院様ホームページ作成事例
ページ上部へ

会社概要

社名 株式会社アイル
代表者 代表取締役社長 岩本哲夫
設立 1991年
資本金 2億65百万円
社員数 381人 [連結] (2013年7月末時点)
売上高 56億48百万円 [連結] (2013年7月期実績)
事業所 大阪本社/大阪市北区
東京本社/東京都港区
東大阪支店/東大阪市
名古屋支店/名古屋市中区
アイルキャリアカレッジ 大阪堂島校 ・東京校
関連会社 株式会社ウェブベース
阪府豊中市蛍池東町2-2-18
代表取締役社長 兼 CEO 中原 達史
http://www.web-base.co.jp/
主要取引先 富士通株式会社
マイクロソフト株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社
楽天株式会社
ヤフー株式会社
株式会社オービックビジネスコンサルタント
オリックス株式会社
株式会社日本ビジネスリース
東京センチュリーリース株式会社
主要取引銀行 三井住友銀行 ・りそな銀行 ・滋賀銀行
証券コード 3854 (JASDAQ市場)
ページ上部へ
Copyright c I’LL inc. All Rights Reserved.
/************* DO NOT ALTER ANYTHING BELOW THIS LINE ! **************/ var s_code=s.t();if(s_code)document.write(s_code)//-->